幼き兄弟の格闘オオタカ(閲覧注意)

今季生まれたオオタカの若様です。



a0323488_17340548.jpg




巣立ってからまだそれほど経っていない幼鳥さん。
自力でまだ餌を確保できません。
(狩りがまだ上手にできない)
なので、それまでの間は親鳥が常に目を配り
1日に何度か餌を投下していきます。

写真は親鳥がおいていった餌を奪い合う兄弟のバトルシーンです。
掴みあってる2羽の脚にしっかりそれが・・
親鳥が、食べやすいようにと既に羽根はむしられてます。
他のショットでは黒い羽根がまだついてるのも確認しましたので
たぶんこれはカラスではないかな、と思います。
(足環がついてるのも見えましたので、鳩の可能性も捨てきれませんが)

人によってはちょっとショッキングな写真かもなので
閲覧注意です





a0323488_17040308.jpg




a0323488_17351265.jpg




a0323488_17365778.jpg




言うまでもないことなんですが野生の世界は大変厳しいですね。
実はこのオオタカの兄弟は今季ここで4羽生まれました。
ですが、巣立ちできたのは3羽です。
そしてそのうちの1羽はカラスの集団に襲われ食べられてしまいました。
猛禽といえども、集団でかかられると相手がカラスでもやられてしまうそうです。
生き残った2羽がこの子達です。
この2羽はこれから親鳥による狩りの特訓が始まります。
静かに見守っていきたいです。
(一人前になるための大切な特訓。
ギャラリーが多いようなので
このフィールドでの撮影は今後ひかえようと思っています)

※後日談追記
巣立ち前の雛か巣立ち後の雛か未確認ですが
1羽は共食いされたとの説もあるようです。
親鳥からの餌の供給が少ないと
そうゆうこともあるようですね・・・
本当に厳しい世界です・・・。





a0323488_17372525.jpg




何かありましたらこちらまで
ご訪問&イイネをいつもありがとうございます♪
コメ欄CLOSEちゅm(__)m








[PR]
by MISCHEH | 2015-07-17 17:47 | 鳥(あ行)
<< 森の王者オオタカの水浴び お花見鳥シリーズ⑦桜&ニュウナ... >>