燕特集①イクメンパパとツバメのお子ちゃま

暫く燕特集続きます♪
初回はにぎやかなツバメ一家のご紹介。





6月の或る日。巣立ちしたツバメのお子ちゃまたち♪ こんなに大きくお口を開けてる理由は。。。

a0323488_00525263.jpg






パパが運んできてくれるご馳走のおねだりですね^^ ピヨピヨパタパタ♪

a0323488_00531788.jpg






この時期の親鳥は育ち盛りの子供たちのためにせっせと餌を運んでて。 見てるだけでも本当に大変そうで・・・

a0323488_00535482.jpg





息つく暇も無い程・・次から次へ食べさせることに一生懸命。ちゃんとあげる順番も考えてるんですよね。

a0323488_01005068.jpg






しかもこの子達の親鳥はなぜか片親でパパだけが育雛してたんです。子供たちの目にはヒーローのように映ってるのかな。

a0323488_01011658.jpg




時々は飛翔の練習をさせるためか、餌を与えず雛に自分を追いかけさせたりもしてました。
子供を育てるって、本当に大変なんだな。。。と
ツバメの親子を見ていてもひしひしと感じます。
親って本当にありがたいですね。。。




久々にイイネ欄・コメ欄OPENですヾ(*´∀`*)ノ゛

掲載枚数が多いので、以下、画面左下、More 続きはこちらから♪ に載せてます。
お時間ある方、クリックプリーズ♪






親鳥が餌採りに離れてる最中のお子ちゃまたちはまったりしてるようにもみえますが

a0323488_01064446.jpg







どこを飛んでるのかはちゃんと観てるのでしょうね。私より先に親鳥が来るのに気がつきパタつき始めます。

a0323488_01125825.jpg




ご馳走GET! 親鳥の顔までくちばしで包むほどの勢い(笑

a0323488_01145825.jpg


にぎやかなツバメ一家の幸せそうな姿に
笑顔溢れた1日でした^^

そぅそぅ、このツバメちゃんたちが暮らしてる場所。
背景BOKEがとっても綺麗なところだったんです。
その正体は・・・




アヤメや菖蒲、カキツバタの里。
(アヤメ=花の根元が網目状・菖蒲=花の根元が黄色・カキツバタ=花の根元が白色)

a0323488_01240369.jpg




可愛いツバメ一家に文字通り花を添えてくれました^^

a0323488_01423857.jpg





本日2本目の更新です♪
ラストまで閲覧頂きありがとうございました。

イイネ欄・コメ欄OPENちゅっヾ(*´∀`*)ノ゛


[PR]
by MISCHEH | 2017-06-21 13:50 | 鳥(た行) | Comments(58)
Commented by kumitan2011 at 2017-06-20 13:12
MISCHEHさん、こんにちは!
毎日、楽しみに拝見してます(^^)

わー大好きなツバメ!!!
いつも高い所にある巣を下からしか眺められず、残念な気持ちいっぱいだったんです・・・
MISCHEHさん、ありがとうございます♪

子育て、ツバメも大変そうですね(^_^;)

羽根を広げた姿、まぁなんと美しい。。。
あ、あ、幸せです(笑)

MISCHEHさんのセリフ?も好きです(^-^*)
梅雨入りの鳥たちはどんなかな~
楽しみにしております☆
Commented by momotomusasi at 2017-06-20 16:34
MISCHEHさん こんにちは^^

めちゃめちゃ可愛い燕の親子、
背景がとてもきれいなんで 尚更可愛さが増します♪

燕はというか鳥類は子育て(給餌)はパパさんの役目なんでしょうか、
それともたまたまこの親子はパパさんだけだったのでしょうか・・・
気になるところです。
でも、しかし子育ての大変さはみな同じ、
鳥さんも大変なんですね~・・・
たまによそんちの軒先などで見かける燕の親子、
要領のいい子だけもらってるんじゃないのかな・・・なんて心配したり
してましたが ちゃんと順番があるんですね・・・凄いなぁ。
ガンバレ!!って応援したくなりますね。
Commented by misarin-1126 at 2017-06-20 19:13
こんばんは☆彡
ちょっと慌ただしくて再びコメ蘭open中でしのだ大急ぎで来ました^m^

何時も可愛い鳥たちの様子に美しい姿を楽しく拝見させて戴いてます。

森林を散歩してますと色々な鳥の声が聞こえるのですが姿が探せず(苦笑)
時折、電線にとまりって鳴くカッコーを見かける位です。
どんな望遠レンズを使って撮影しているのだろう?!なんて思っています。

後!恥ずかしがり屋で警戒心の強いキジの慌てて逃げます様子^^
よく写真に収められたと感心しなからも笑って拝見でした(*^_^*)
油断して「おっといけねぇ~!」時折見かてます。
これからも、鳥のお写真楽しみに拝見させてください。
Commented by tkytora at 2017-06-20 19:53
1枚目、可愛い~!って思ったら(//∇//)
2枚目も!3枚目も‼ってなりました♪

それにしても、スゴイ育メンパパですね
巣立ちの後も飛ぶ練習に餌とる練習にまだまだ大変ですね(*^^*)
バックも紫で素敵って思ってましたが。次のお写真に出てきたアヤメやカキツバタですか?

5枚目のパパを見上げる姿が可愛いくて好きです(*^O^*)
Commented by MISCHEH at 2017-06-20 20:30
◆ここまでコメント下さったみなさまへ◆
閲覧&コメントありがとうございます^^!(嬉
実は今日、徹夜明けのままプチ遠征でそのまま撮影に行き先ほど帰宅^^;
目を開けてるのもままならず><
お返事は明日改めて個々にいれさせて頂きます^^本当にいつもありがとう!
Commented by flat_white at 2017-06-20 22:48
こんばんは。徹夜明けのプチ遠征とはお疲れ様です。

ツバメの可愛い雛とイクメンパパの姿が可愛いらしくて、ただただ応援したい気持ちでいっぱいです^_^

先日、某球団のマスコットのアゴが赤いのに今更気づいて、ツバメの赤色ってアゴだっけ?なんて思ってたので、じっくり拝見できて嬉しかったです。
身近すぎて、よく見ることがなかったもので…。

美しい写真で確認させていただいて、今夜とっても得した気分です^_^
ありがとうございます😊
Commented by zbjsower at 2017-06-21 12:17
背景がきれいだなあ~と思っていたら、アヤメ、菖蒲、カキツバタだったのですね。
やっぱり写真が映えますね!
ほっこりしました^^
Commented at 2017-06-21 14:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fujiryujin at 2017-06-21 14:56
すばらしい!
もう素晴らし過ぎて、感動して、言葉がありません。
素晴らしいお写真を、いつもありがとうございます。
Commented by 闘将・N at 2017-06-21 16:22 x
MISCHEHさん、こんにちは。
これまた素敵な所で、御馳走のおねだりをパチリとは、凄い出会い
でしたね。何時もながら、背景の色合いは、最高です。そんな親の
行動を見ていますと親子の絆と親のありがたさを感じました。美し
い画像を見せて頂き、ありがとうございました。
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 17:01
◆kumitan2011さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
そうですよね^^
先日も素晴らしいお着物に素敵な燕の帯を合わせてらっしゃいましたね^^
私も昔からツバメは大好きです♪
今は亡き母の実家では家の中に毎年ツバメが営巣し、あたたかく見守ってたそうです。

ツバメは民家の軒下などに営巣するので(最近は道の駅でもよく見かけますね)
目にする機会は多いですね。
親鳥は懸命に子育て頑張っていました。
休むことなく飛び続けて次々獲物をGETしては雛の口へこれまた飛びながら与え続け。
撮ってる私も休む暇がないほどに(笑
巣立った雛ちゃんたちが自力で餌が採れるようになるのももうすぐでしょうか。
頼もしいパパにこんなに愛されて育った子達ですから
きっと立派なツバメになるでしょうね。
嬉しいコメントたくさん頂き本当にありがとうございました^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 17:16
◆momoさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
野鳥さんの多くは営巣や抱卵も夫婦で力を合わせ交代で行うんです。
ごく稀に卵を産んだ後はオスに任せっぱなしのメスというスタイルを持つタマシギという鳥もいますが。
(巣の周りの防衛は通常はオスの仕事ですが、タマシギはメスがやります。巣立ち後はオスがひとりで育雛)
あと、個体差によってはメスが抱卵中に餌だけ運んで交代しない(気がつかない?)オスもいます。
まだ経験の浅いオスなのかな~?そんな光景も営巣地での撮影でたまぁ~にみかけます。

で、ツバメなんですが、先ほども申しましたように、夫婦で協力して子育てするパターンが普通なんです。
今回私が出逢ったこのツバメのファミリーには、なぜかメスの姿はありませんでした。
残念ですが考えられるパターンとしてはなんらかの理由で落鳥してしまったか
離婚(メスが産卵後にいなくなる)してしまったか・・・ごくまれにあるようです。
いずれにせよ、4羽の子供たちをたったひとりのパパが育て上げるのは容易なことではないですね。。。
写真を見て頂けるとおわかりになると思うのですが
このイクメンパパの羽根は尾羽もちぎれてボロボロでした。
なんだか観ていてじぃ~んってきちゃいました。
こんなにも必死に頑張ってるんだな~って・・・。
そぅそぅ、思わずガンバレ!って応援したくなりますよね^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 17:36
◆misarin さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
何度もお立ち寄りくださり本当にありがとうございます!嬉しいです♪
ご自宅近くでカッコウが観られるのですか。
なんと羨ましい!
カッコウは物凄く警戒心が強くてなかなか近づかせてもらえません。
その割りには「カッコウ!カッコウ!」って自分の存在をアピールしてて
あー、あそこに居るな~っていつも苦虫を噛み潰しています(笑
カッコウって托卵する鳥なんですけれど、生みつけたオオヨシキリの巣の傍で鳴いてることが多く
生まれてきた自分の子供に「本当のママはわたしよ」って教えてるらしいです。
misarin さんが見かけたカッコウの近くに托卵されたオオヨシキリやホオジロの巣もあるかもしれません。

レンズ、今回はCANONの純正使いました。(白レンズ)
鳥撮り用に使ってる望遠レンズは基本2本で状況に応じて使いまわしてます。
大砲はいずれ購入したいと思ってるのですが今はまだ(笑
キジの記事へのコメントもありがとうございます^^
あの子。とっても可愛かったんです。
キジって慌てて逃げる様子もチャーミングですよね^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 18:19
◆takaさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
こんなに大きくお口を開けておねだりしてるんですよね^^
何年か前に本で読んだかTVで観たか忘れたのですが
ツバメの親って一番大きく口を開けてる子に餌を渡すと言っていました。
観察してると基本的には4羽の雛に順に餌を渡していましたが
写真①の一番左の子には続けて何度か渡すこともありました。
この4羽の兄弟の中で一番発育が遅く他の子よりひとまわり小さい感じがしました。
そのせいでしょうかね。
この子自身も親鳥に貰えるよう必死にアピールし、右へ行ったり左へ行ったり一番落ち着きがなかったです。
よっぽどお腹が空いてたのかな~。
4羽ともこのまま元気に育ってほしいですよね^^

ツバメの背景に写ってるボケは全部アヤメや菖蒲、カキツバタです^^
写真⑨⑩もこのツバメファミリーが居た同じ場所で撮りました。
紫や白、黄色、ピンク、いろんな色の花が咲いていて満開に近かったです。
⑤、ありがとうございます!嬉しいです♪
Commented by pote-sala at 2017-06-21 18:29
本当に背景が綺麗!!
お花いっぱい咲いてるんですね。
とてもいい環境で子育てしているパパさん、頑張れ~~。

Commented by MISCHEH at 2017-06-21 18:32
◆flat_whiteさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
夜中2時半まで写真の整理をしていて3時には自宅出発し撮影地に向かいました(笑
アホですよねー。昨日は帰宅後、泥のように眠りました!
でもそのおかげでとっても嬉しい出逢いがあったんですょ^^
またブログでそのうちご紹介できたらな、と思っています。

このイクメンパパさん、本当に必死に子育て頑張ってました。
時間を計ってみたのですが、だいたい1分~3分間隔で雛のところへ戻ってきて
餌を与え続けていました。
昼間は休憩無しなのかな・・自分はいつご飯を食べてるの?と心配になっちゃいますね。
たいがいの親鳥さんは(ツバメに限らず他の野鳥さんもですが)
子別れ、親離れの時期が来る頃は
親は逞しく育った子供たちよりひとまわりもふたまわりも小さくなって汚れてるんですよね。
このツバメのパパ鳥も既に羽根はボロボロでした。
みんなこのまま無事に元気に暮らしていってほしいです。
アゴの赤色はチャームポイントですよね^^
Commented by mozura_gogo at 2017-06-21 18:38
こんにちは!
コメントありがとうございました!
一所懸命口を開けて首を伸ばして
餌を貰おうとする必死な子どもたちに
生存競争の厳しさを感じます
それでも均等に分け与える親鳥や
背景の美しさに心も和みました
最近ツバメの巣が留守中に
スズメに乗っ取られるという
ニュースを見て驚きました
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 18:38
◆Hideさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
そうなんです、ネタバレですがそんなわけで^^
ツバメはいろんな場所で見かけるので探すのは簡単なんですが
背景が綺麗なところで・・・となると難しくて
今回はちょうどお花も見頃、グットタイミングでラッキーでした。
撮影地は県内なので、もしかしたらHideさんもご存知の場所かもしれません。
それほど混雑はしない穴場ポイントです^^
Commented by asahinahikari at 2017-06-21 18:43
こんばんは
見事な背景〜アヤメや菖蒲の美しい場所でお花を見に多くの人が来ている場所でしょうに〜
だから反対に子を置いていっても人間が子を守ってくれるので安全なのかしら
どのお写真も見ているだけでうっとり幸せ気分に浸れます
このお写真新しくママやパパになる人達に見せたいですね
素晴らしいお写真でした

Commented by runa_yuzu_love at 2017-06-21 19:03
どこの世界も 親は子育てに一生懸命ですね〜
ツバメちゃんの子育て風景微笑ましいですね^^
6枚目の 子ツバメのこっちを見てる顔がたまりまへ〜ん
というか、常に早い速度で飛んでるから
仲々ゆっくりと顔みれないですよ〜(o^^o)
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 19:10
◆鍵コメ(2017-06-21 14:18)さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
巣は高い位置にあるので見上げる形になってなかなか中の様子は見えないですよね^^;
営巣中は親鳥さんも特に神経質になってるかと思います。
ツバメさんって民家の軒下などに営巣する割には
(人間に外敵から守ってもらうため人間のテリトリーにわざわざ営巣する)
人間のことも実は物凄く警戒してるんですよね。
私も昔経験あるのですが、
雛ちゃんたちや巣からは結構距離を保ってないと親鳥は近づかず餌を与えることはありませんよね^^;
だから、あと1歩、あともう少し近づきたい、と思っても踏みとどまっています。
鍵コメさんが出逢ったツバメちゃんたちも元気に巣立っているとよいですね^^
はぃ^^背景は全部お花です♪今回はお花見しながらの鳥撮りでした。
いつもお優しいコメント、お気遣い、感謝しています。
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 20:10
◆fujiryujinさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
お褒め頂き恐縮です!
今回はちょうど見ごろの花菖蒲(アヤメやカキツバタも)と絡めて撮ってみました^^
ここに居てくれたのも数十分で、その後は民家の屋根へ行ってしまいました。
わずかな時間でしたが嬉しい出逢いとなりました。
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 20:19
◆闘将・Nさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
今回は偶々運もよかったです^^
アヤメや菖蒲もちょうど見ごろを迎えていました。
近くでツバメが営巣していたので、なんとか絡めて撮れないものかと思っていました。
昨年はこのポイントへ10回通いましたが、今回のような出逢いはありませんでした。
今年はまだ5回ほどしか行ってません。
タイミングもよかったようです。
闘将・Nさんが仰るように親子の絆と親のありがたさ、私もひしひしと感じました。
鳥撮りをしていますと、命の尊さを改めて知ることが多いです。

闘将・Nさん、以前にも増して遠征へ次々行かれ精力的に活動されていて素晴らしいです。
何かご心境の変化もおありだったのでしょうか。
御身体に気をつけて、これからも素晴らしいお写真たくさん魅せて下さい。よろしくお願い致します。
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 20:25
◆ポテさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
ここ、地元の方が丁寧にお花のお手入れをされていて
毎年楽しみに訪れてる菖蒲園なんです^^
色とりどりのアヤメ、菖蒲、カキツバタが満開でした。
今年はお花のつきがあまりよくないとの話でしたが
ツバメさん一家に華を添えてくれました^^
餌となる虫も多いのかも。イクメンパパ、奮闘中です♪
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 20:41
◆モズラさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
そうですよね。。野鳥さんたちの可愛らしい様子
微笑ましく思いますが
実際は生まれた時から競争は始まってるんですものね。
猛禽さんの雛ちゃんほどの厳しさはないですが
どの子も親鳥に餌をもらおうと必死にアピールしてました。
基本的にはどの子にも平等にいきわたるよう、順番に給餌してましたね。
体の一番小さな子を特に気にかけてるような様子もみられました。

ぇ!ツバメの巣がスズメに、ですか!
それは初耳で私もびっくりです。
鳥撮りを始める前はスズメってとってもかよわいイメージだったんですが
今は180度印象が変わりました。
私も数年前にコゲラが冬篭り用に創った真新しい新居を乗っ取ってるのを観たことがあります。
コゲラ、悲しげな声を出して逃げていきました。それ以来ここでコゲラの姿はみてません。
体はコゲラよりも小さくても、4羽のスズメが一斉に攻撃してました。
ある種、弱いからこそそのくらい強くないと生きていけないのかもですが
スズメって凄い根性してるな、って思ったのも事実です。
Commented by A-HIMEKKO at 2017-06-21 21:10
いつも素敵な写真ですね。
まさに
生きる力強さが写真から伝わります・・・

おっしゃられて気づきましたが、
パパツバメの羽が相当、痛んでますね><
ママツバメの分まで、頑張ってるイクメンパパにあっぱれ!!です。

友人の家も毎年、ツバメが営巣してます。
幸運の証ですね

で、相当ハードな撮影タイムのようですので、
くれぐれもお身体、ご自愛ください。
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 21:30
◆光さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
この菖蒲園は毎年楽しみに訪れてる場所なんです。
観光バスが来ることもありますが
シーズン序盤は意外と花見客もまばらで結構穴場ポイントなんです^^
人間の目からは比較的空いてる場所という印象ですが
確かに観光客もそこそこ居るところなので、パパツバメにとっては
猛禽さんや野良猫、カラスなどにも襲われにくい安全な場所と思っているのかもしれませんね。

>このお写真新しくママやパパになる人達に見せたいですね
素晴らしいお写真でした

そんな風に仰って頂けてとっても嬉しいです。
このお言葉を励みに今後も精進します^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 21:38
◆るなりんさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
ほんとうにね、子供を育ててる様子一生懸命で
なんだか撮ってるときもじぃ~んって感動してました。
体感時間としては1分間隔くらいで次々雛ちゃんたちに餌を運んでましたね。
休むことなくひたすら飛び続け。
給餌のときって枝にとまって雛に餌を与える野鳥さんが多いんですが
ツバメは餌採りも給餌も常に高速で飛んでいて休憩無しです。凄いです。
今回は普通のツバメさんのご紹介だったんですが
この後も他にもいろいろなツバメさんブログアップいたします。
またるなりんさんに観て頂けたら嬉しいです^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-21 22:03
◆姫っこさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
鳥撮りしていると、野鳥さんから教わる大切なことも多くて
私なんかは写真撮りながら自然の中で今もいろいろ勉強させてもらってます。
今回出逢ったツバメファミリー、力強いですよね。
懸命に子育てする親鳥も、生きることに必死な子供たちも・・・。
ママツバメはどうしちゃったのか。
でもそんな心配もいらないほど、パパが頑張ってました。
子供たちにとってはとても頼もしいパパなんだと思います。
そのぶん苦労も多いようで・・パパツバメの尾羽、片方がちぎれててもぅ羽根もボロボロで・・・。
それでも必死に飛び回り餌を確保してはお腹を空かせた雛たちに運び続けてました。
子別れの時期はもうすぐ。
そのときまでは親としての責任をきちんと果たそうとしてるのでしょうね。。。

ご友人のお宅でも営巣ですか。
本当、幸運の使者ですよね^^元気にみんな巣立ってるとよいですね。
いろいろお気遣い頂きありがとうございました♪
Commented by nonbino at 2017-06-21 22:50
こんばんは!
本当一生懸命な感じがかわいい親子ですね。
あのお子ちゃまの大きな口がなんとも...親の顔さえ飲み込む勢い(^^)

綺麗な場所ですね。巣も屋外でしょうか。
以前は商店街の軒先によく見かけたのですが、最近は私の近所ではお目にかかれません。
田んぼなどに行くと見かけるのですが、あの超高速は撮るどころか目でも追うのがやっとです(笑)
Commented by MISCHEH at 2017-06-22 08:13
◆ノンビーノさん、おはようございます◆
コメント頂き、ありがとうございます。
親も子もどちらも一生懸命ですよね^^
咽喉の奥までごちそうを突っ込んでるようで
雛ちゃんの方も落とさずしっかり食べなきゃっ!って感じで。
こういう親子の微笑ましいシーンを観るとやっぱり心和みますよね^^
それと同時に野生で生きることの大変さもわかり感慨深いです。

ここは自然豊かな場所で近くに農家さんのご自宅があったり
田畑やビニールハウスもあるんです。
毎年ツバメが飛んでいて近くで営巣しています。
田んぼを高速低空飛行してるのよく見かけますよね。
ツバメは他の鳥さんより高速なので飛翔はかなりss上げてます^^
Commented by liebekatzen at 2017-06-22 21:16
こんにちは!
ツバメのお子ちゃまが可愛いのはもちろんですが
その背景の美しさに目が奪われました。
続きも楽しみにしていま~す♪
Commented by impact4642 at 2017-06-22 22:02
初めまして、インパクトブルーと言います☆
初訪問で、いきなりコメントを失礼します(*^^*)
ツバメの子育て、素敵なシーンですね♪
被写体の素晴らしさと、背景の美しさに、
何往復もスクロールしてしまいました(*^^*)
こんな写真を撮ってみたいなぁ~と、うっとりです☆
Commented by MISCHEH at 2017-06-22 23:10
◆liebekatzenさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
ツバメのお子ちゃまたち、とってもにぎやかでした^^
今回レンズもいろいろ変えて何パターンも撮ってみたんですが
背景ボケが一番綺麗だった組み合わせでセレクトしました。
アヤメや菖蒲がいいお仕事してくれて(笑
いつもありがとうございます♪
暫くツバメさんの記事が続きます^^

ところで・・・
先日liebekatzenさんにスイスでもトラフズクが観られそう
というお話をさせていただいたのですが
ご紹介したブログの方、スイス旅行をされただけでお住まいは日本の方のようですね??><
あまりよく確認せずごめんなさい><
またそちらへも後日改めて伺わせて頂きます。
Commented by MISCHEH at 2017-06-22 23:17
◆インパクトブルーさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
そして、初めまして♪
たしか、共通のブロ友(鳥友)さんがいらっしゃって
何度かお見かけし、お名前に見覚えがある気がします^^
拙い私のブログへお越し下さり、コメントまで頂き感激しています。
本当にありがとうございます。
そして嬉しいコメントにも^^

先ほど駆け足訪問でしたが、プロフィール拝見いたしました。
インパクトブルーさんも埼玉在住なのですね。
私も埼玉で、鳥撮りでは関東近郊をうろうろしてますので
もしかしたらどちらかでお逢いしてるかも?しれません。
いつかフィールドでご一緒できたら嬉しいです^^
このご縁に感謝致します。
また後日改めてゆっくりそちらへも伺わせて頂きます。
Commented by kaorunchoko at 2017-06-22 23:50
❤MISCHEHさん こんばんは☆
ツバメのお父さん!本当に頑張ってますね\(◎o◎)/!
可愛い子供の為とは言え、スッゴイ労働だ!
お父さんの愛情をいっぱいに受けて、スクスク育って元気に羽ばたかねば!!!
ヒナ達だって、必死ですよね!生きるって本当に素晴らしい❤
フクロウの話しにも、感動でした。。。
みんな必死に生きているだなぁ~って心打たれました(>_<)
しかもヒナ達はみんな可愛い❤本当に可愛らしくって、見ていて笑顔をもらいました(*^^)v

オオルリ、綺麗な鳥ですね。瑠璃色とは正にこの色なんですね。
そして鳴き声も綺麗~♫
オオルリ、キビタキ、ミソサザイ。。。それぞれに違うんですね!
ちょこ家は田舎なので、鳥も沢山来るんですよ!
でも、鳴き声はすれど、姿は???この時期だけとかの声も聞こえます。
大将曰く、鳥の声はいいね~♫
でも、う〇ちを庭のタイルにされるのが困る・・・って(笑)
いま紫色のが、彼方此方落ちてて・・・ケルヒャーで掃除しなきゃです(笑)

いつもとっても綺麗な鳥の写真、そしてその背景にある色々な事!
自分では見られない世界!本当に有り難いです。
おっと!銀ちゃん!犬なだけにワン!derful day♫ね(*^^)v
楽しそうなお顔見られて嬉しかったで~す!
Commented by kshiozaki19910512 at 2017-06-23 04:15
おはようございます(^ ^)

いつも楽しみに拝見させて頂いています♫
「つばめ」のお話とお写真見入ってしまいました。
本当にパパのお顔までお口に入っちゃうような勢い 笑

どこの世界も子育てって大変でもあり、楽しくもあり・・・
色んなシーンを瞬間を上手く撮られていて凄いなぁ〜って感動してしまいました。

そして菖蒲・アヤメ・カキツバタ全く区別がつかなかったのですが今度からは区別がつきます。
有難うございます♫

Commented by MISCHEH at 2017-06-23 16:25
◆ちょこさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
いつもたくさんのコメント
細かい部分まで観て頂いて本当感謝、感謝です^^
ツバメのお父さん、凄い頑張ってますよね。
通常は夫婦揃って給餌するんですが、このファミリーはお父さんひとりで
4羽の雛ちゃんたちの面倒みてました。
撮影日から日が経ってるので、今頃はもぅ子供たちも少しづつ自力で餌を確保してる頃かもしれません。
どんな鳥でも(猛禽さんでさえ)野性の世界って時間との勝負でもあって
何でも早くできるようにならなければ命の危険がありますものね。

オオルリその他の記事も閲覧頂きありがとうございます^^
それぞれに鳴き声が違うんですよね~。
1年ぶりに聴くと、あれっ?これなんだったっけ、となる場合もあるんですが
夏鳥さんのさえずりが聴こえてくると、もぅ嬉しくて楽しくて(笑
う○ちですかぁ。
ヒーリングミュージックを聴かせてもらえる代償として大目にみてやってください><
鳥に代わり・・・よろしくお願いします^^;

そぅなんですよねぇ・・・
野鳥って自由気ままに暮らしてるようにみえますけれど
実際野生で暮らしてる鳥の寿命は極端に短くて・・・
今回のツバメさんなどは1・5年って言われてるんですよね。
殆どの子は1年未満しか生きられないそうです。
だから余計に応援したくなりますね。
いぇいぇ、こちらこそ。本当いつもありがとう~^^
Commented by MISCHEH at 2017-06-23 16:32
◆KEIさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
パパツバメのお顔まで食べてしまうような勢いですよね(笑
どの子もしっかり受けとらなきゃっ!って感じでした^^
観てますと、餌として渡してた殆どは羽のある虫でした。
逃さないようにパパもきっちり子供たちに食べさせたかったんでしょうね^^

嬉しいコメント、本当ありがとうございます♪
菖蒲・アヤメ・カキツバタって似てますよね~。
数年前にここで撮影してたら花見客の方に、どれがアヤメでどれが菖蒲なんですか?
って、聞かれた事がありまして(笑
見分け方、私はいつも花びらの根元で確認してます^^
Commented by hidamaribenchi-me at 2017-06-24 16:22
MISCHEHさん・・コメ欄開放中^^
パパツバメが一生懸命に子育て中。
それを見守りながら撮影された心優しいMISCHEHさん。

なんかね・・これから沢山のことを抱えながら、子どもたちを育てなければならないという
ある方の記者会見と重なりながら拝見しました。そう感じたのは私だけでしょうか・・・。

何時か親の元を旅立つ日。いつか親のことを感謝する日。野鳥の世界も同じなのですね。
背景の美しい紫はアヤメや菖蒲、カキツバタの里の色。素敵な素敵な記録です。
Commented by MISCHEH at 2017-06-24 21:28
◆つっちさん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
はぃ^^久々に開放中です^^ぇへへ♪

今年もたくさんのツバメさんの育雛を観てきましたが
ここのファミリーさんはパパツバメがひとりで頑張っていたこともあって
特に印象に残りました。
殆どの野鳥さんの場合、雛が完全に成長して親離れする頃は
親鳥よりも体が大きくなってるんですよね。
逆を言えばそれだけ親鳥は自分は飲まず食わずで子供たちの面倒をみて
巣立った子よりもひとまわりもふたまわりも小さくやせ細っていて。。。
子育てが終わった親鳥はボロボロです。でもその見た目以上に心に響く美しさがそこにあります。
本当に親鳥の愛って深くて凄いな。。と毎年毎回心にくるものがあります。

先日の記者会見、私も観ました。
ちょっともらい泣きしそうになったり。。。
深い悲しみの中でも前を向いて強く生きていこうとする姿はやっぱり美しいですね。
今回のツバメさんファミリーと、重なる部分ありますね。
人間も野鳥の世界も親子の絆とか愛情って同じなんだと思います。
嬉しいコメント、本当にありがとうございました。
Commented at 2017-06-26 18:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MISCHEH at 2017-06-26 19:18
◆鍵コメ(2017-06-26 18:48)さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
ちょうど今、次のツバメ記事の予約投稿してたところです(笑
ぃぇぃぇ、こちらこそご無沙汰しちゃってて^^;
と、いうか、殆どのブロ友さんのところ廻りきれて無いという^^;

ツベメの飛翔は。。。私も難しいな~といつも思いながらの撮影です。
小さいし、素早過ぎて何度も何度も何度もシャッター切ってます(笑
何度もやっていると飛ぶコースが読めるようにはなってきますが・・・
嬉しいメッセージ、本当にありがとうございました^^

菖蒲ね、私も今回マクロも持って行ってたんですが
ポスター風に今回は撮りたいと思い広角での撮影が多かった気がします。
マクロでガッツリ寄ってぼかしたお花写真もとっても素敵だと思います♪
鍵コメさんはじめ、エキサイトの花フォト撮られる方って
ただそこにあるものを撮ってるだけでなくご自分の心のフィルター通して撮られてる方が多いので
凄いな~・・・・と拝見するたび私こそ感動いただいてるんですYO^^
鍵コメさんが仰っているそんなお写真、アーティスティックで私は好きです~♪
こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented at 2017-06-27 11:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MISCHEH at 2017-06-27 18:26
◆鍵コメ(2017-06-27 11:08)さん、こんばんは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
鍵コメさんのお声がきけて安心しました。
たぶん物凄くお忙しくされてるんだろうなぁ。。。
と、ちょっと寂しい思いをしてましたので。
そうですか、何度もコメントやメール書いてくださり、本当ありがとうございます。
たまにね、私もあります(笑
書き直そうと思っても、同じ文章にならなかったり
モチベーションが下がっちゃってなかなかもう一度、って気にはなりませんよね^^;
なので、ゆっくりでよいのでお気になさらずお時間おありのときにまた^^
勿論メールでも、こちらのコメ欄でも大丈夫です。

鳥さんの記事への嬉しいコメントの数々
本当にね、そんな風に思っててくださってありがたくて。
できれば鍵でなくオープンコメで頂けたらもっと嬉しかったかもですが(笑
や、でも、私には鍵コメさんのお声は届いてるからどちらでもよいのかな^^

実は今夜から遠征を予定してるんです。
勿論プライベートな鳥撮りですが(笑
帰りは数日後になるかと思います。
お返事は私も時間がかかってしまうかもですが、必ずご連絡させて頂きますね^^
お体に気をつけてお仕事頑張って下さい。
私もガンバリマス♪
Commented at 2017-07-02 15:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MISCHEH at 2017-07-03 14:00
◆鍵コメ(2017-06-27 11:08)さん、こんにちは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
鍵コメさん大変な時期にお優しいメッセージ、本当にありがとうございました。
昨日コメントは読んでいたのですが
私もこのところお仕事が続いていて早朝から夜遅くまでかかってしまい
帰宅後はバタンQ!リコメ遅くなりごめんなさい。
鍵さん、くれぐれも御身体お大事になさってください。
ぃぇぃえ、こちらこそ、いつもお気遣い頂き感謝しています。
はい^^私も7月は同じようなペースになるかと思います^^
これからも末永くよろしくお願い致します♪
Commented at 2017-07-03 15:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MISCHEH at 2017-07-03 16:09
◆鍵コメ(2017-07-03 15:19)さん、こんにちは◆
コメント頂き、ありがとうございます。
ぃぇぃぇ、鍵コメさんの本心お聞きできて嬉しいです。
リコメはそちらに伺わせてください^^
Commented at 2017-07-06 07:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MISCHEH at 2017-07-06 10:49
◆鍵コメ(2017-07-06 07:17)さん、おはようございます◆
セイタカシギのおチビちゃん記事、コメント頂き、ありがとうございます。
嬉しいメッセージの数々、本当ありがとう^^!
ぅんぅん、鍵コメさんも初バイトは高校生の時でしたか。
やっぱり自分で働いたお金で何かを買ったりするのって嬉しかったですよね^^
人間は20歳になるまでは親に責任があったり法律で守られてたり・・
野生の世界を覗かせてもらうと
人間って甘いなぁーっって思ってしまいます。
このおチビちゃんたち、巣立ちしてからは一切親に餌をねだることもせず
自力で歩いて餌を探して食べていました。
親鳥は雛ちゃんたちの見える位置に常にいましたが
一度も餌を与えることはありませんでした。
ただ、外敵が来そうになったり、危なそうな場所へ子供たちが行きそうになると
鳴いて雛ちゃんたちを呼び寄せ、羽根の下に隠していました。
いざとなったら親鳥は体を張って雛ちゃんたちを守っていましたねー。
そんなシーンも親子の愛情が感じられて
本当に貴重なものを見せて貰えた、と感動でした。

あべちゃんの動画も観てくださってありがとう~^^
あの動画は有名な人気動画みたいですよね。私も今まで何十回となく繰り返し観てます(笑

今年は猛暑っぽいですよね~。
鳥撮りも、早朝5時から7時までが勝負で、7時過ぎるともう暑くて集中力かいてしまいます~。
鍵コメさんのブログ更新も楽しみにしています♪
Commented by A-HIMEKKO at 2017-07-06 15:08
こんにちわ

今日もかわいい、そしてたくましい
セイタカシギファミリーに感動です^^

親子のほのぼの愛情が感じられる
素敵な写真をありがとうございました♪

自分の食事は自分で・・・・今後もすくすくと
育って欲しいですね^^
Commented by MISCHEH at 2017-07-06 17:48
◆姫っこさん、こんばんは◆
セイタカシギのおチビちゃん記事、コメント頂き、ありがとうございます。
そのように仰って頂けて嬉しいです♪
親子の愛情って、言葉はなくてもなんとなく観てる側にも伝わってきますよね^^
親鳥はちょこまかと動く雛ちゃんたち(この子達は2羽の兄弟姉妹でした)を
周囲を警戒しながらもずっと優しく見守っていました。
雛ちゃんたち、夢中で餌を探しながら歩き回っていました。
親鳥もそうして厳しい世界を生き抜き大きくなって親となったんでしょうね。
この日撮影してからこのポイントへは行っていないので
この雛ちゃんたちが今どうしてるのかは正確にはわからないのですが
このまま無事育っていれば今頃はかなり大きくなってると思います。
ちょうど今頃はこのくらいの大きさかな?という写真を次回ブログアップしますので
またお時間おありのときにでも覗いて頂けたら嬉しいです^^
姫っこさん、いつもありがとう~♪!
Commented by ayayay0003 at 2017-07-22 08:41
おはようございます^^
お忙しいのに申し訳ありませんm(__)m
今日のひまわりとカワラヒワがあまりに可愛らしくて
コメントさせてくださいませ~(^-^)
つい最近春まで、4~5月には、家の庭にカワラヒワがよく来てました☆
写真にも撮ったのです~庭で(拙い写真なのでお恥ずかしいのですが)
その後、庭で子猫を飼ってたので来なくなりましたが・・・(笑)
そして、なんと、なんと、あの大好きなラファエロのヒワの聖母(ウフィッツィ美術館)の絵の
鳥さんがカワラヒワだというのを今回の旅で聞いて知り嬉しくなりました(^_-)-☆
↑なので、絵の題名がヒワの聖母だと言うそうです(*^_^*)
ヒマワリとカワラヒワの写真、ほんとに素敵ですね~癒されました♪
見せていただいてありがとうございました(^^♪
Commented by ayayay0003 at 2017-07-22 10:51
すみません、追加で、家の庭で撮ったカワラヒワは、5月31日の記事に掲載しています(*^^*)
Commented by MISCHEH at 2017-07-22 17:54
◆アリスさん、こんばんは◆
向日葵絡みのカワラヒワ記事、コメント頂き、ありがとうございます。
ぃぇぃぇ、こちらこそです。
ご丁寧に何度もコメント寄せてくださってとったも嬉しいです。
アリスさんのお庭にもカワラヒワ、遊びに来てたんですね^^
5月の記事、後ほど拝見させて頂きます。
ラファエロのヒワの聖母のモデルがカワラヒワだったなんて
私も初めて知ってなんだか嬉しくなりました^^
時代や住んでる場所が違っても
同じ鳥を観ていたんだなぁ~と思うと
なんだか感慨深くもなりますね^^
ここの向日葵畑へは、実はお目当ての野鳥さんがいたのですが
いくら待っても向日葵にはとまってくれず、結局カワラヒワとオオヨシキリを撮影し
それで満足してたのですが
思いがけずアリスさんから素敵なお話を伺って
やっぱり撮っておいてよかった!ブログアップしてよかった!
って、改めて思いましたょ~♪
本当にありがとう!
Commented by asahinahikari at 2017-07-25 17:32
MISCHEHさん こんにちは
今日私のブログでMISCHEHさんのブログをリンクさせて頂きました
事後承諾になってしまいましたがよろしくお願い致します
ひまわりのお花の咲く記事です
Commented by MISCHEH at 2017-07-25 20:01
◆光さん、こんばんは◆
向日葵絡みのカワラヒワ記事、コメント頂き、ありがとうございます。
先ほど出かける用事があったので、駆け足訪問でしたが
記事のほう拝見させて頂きました^^!
嬉しいリンク紹介、本当にありがとうございます^^
後ほど改めてそちらに伺わせて頂きます。
いつもお心こもったコメント、お気遣い、感謝感激です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 燕特集②コシアカツバメの滑空 日本三鳴鳥の一種オオルリ >>