2017年 11月 08日 ( 1 )

甘えん坊のコウノトリ

国の特別天然記念物であるコウノトリ。


6月のある日
繁殖や保護をしている飼育センターから
1羽のコウノトリが放鳥されました。




ヤマトくんです^^(このときはまだガラス越しの撮影)
a0323488_20115886.jpg



ヤマトくんは埼玉こども動物自然公園から卵を譲り受け、孵化したコウノトリです。
今年4月に生まれた子。

放鳥後すぐに、自然の中でのびのびとしてる姿が観たい、と連日通ったのですが・・・
ヤマトくんにとっては、いきなりの野生の世界。
やっぱり戸惑いもあったのでしょうか。
自由に大空を飛べるようになったのに
すぐにセンターの元居た場所(ヤマトくんが暮らしていた柵の中)へ
自ら舞い戻ってしまいます。
数週間、センターの方でもそんな様子を見守っていたのですが
やっぱりいつまでもそのままでいいというわけにもいきません。
ヤマトくんが戻ってこれないように
屋根の部分を閉めてしまいました。
(一緒に暮らしていた成鳥さんの羽根も伸びてきてしまい、いつまでも屋根を開けてるわけにもいきません)
それでも夜になると寂しいのか、暫くはセンターの柵の上で寝泊りしていたようです。
(コウノトリは外敵に襲われないように、夜は高い場所で休む習性があります)


徐々に
徐々に
本当に1歩1歩
外の世界にも慣れてきて。。。。



やっと野生の世界で暮らしているヤマトくんを観ることができました。
6月から何度も通って、これを写すことができたのが8月4日(笑
a0323488_19593093.jpg

後姿はどことなく寂しげにも見えなくもない・・でも、頑張って生き抜いていってほしい・・・。
a0323488_20010244.jpg



このときはカエルでも捕まえようとしてたのかな? 藁をくわえて^^ こんな姿も微笑ましい♪
a0323488_20075600.jpg
今まで飼育員さんが用意してくれた餌を食べてたんだもの。
これからはなんでも自力で解決しないといけないよね。
もぅ、、、
親になった気持ちで見つめちゃいます。。。
ドキドキハラハラ。


(右端に写ってるのは屋外に設置されたコウノトリ用の繁殖台です。)
a0323488_20142693.jpg
ヤマトくん
これから優しい仲間や伴侶に出会えるといいね。

8月にだいぶ外の世界に慣れてきた感じだったので
もぅ本当の意味での旅立ちも近いんだろうな~
って、勝手に安心して
その後、撮影に行ってなかったんです。

あれから随分月日も流れ
先日その後の様子(現在位置確認)を見てみたら・・・
ぇーーーーっ?!
まだ、ここにいるっ!^^
甘えん坊さんなのかな~。
まだまだ心の準備ができてないみたい。
ここから旅立つのがいやなのかな~。
よいのか
悪いのか
よくわかりません(笑


ちなみに
前回、同じセンターから放鳥されたひかるくん(昨年の3月生まれ)。
確か、9月くらいにはだいぶ遠方に行ってたような・・・?
やっぱり鳥さんによっても個体差あるんですね。
そのひかるくん
今年の5月、我が町の近くに飛来。
元気そうな姿を見せてくれました。(その時の記事は→こちら
しかも、ひかるくん
今は愛知県にいるんですって!
もぅ、びっくり!
つい先日まで栃木県にいたはずだったのに
もぅそんなに遠くまで行ったんだね。
なんだか、じぃ~~~んときちゃいました。


ヤマトくんにも
いつかそんな日が来るのかなぁ。。。





あなたの大切な時間でのご訪問ありがとうございました♪
イイネ欄・コメ欄closeちゅっm(   )m

なにかありましたこちらまで




[PR]
by MISCHEH | 2017-11-08 07:00 | 鳥(か行)