もふもふ⑤緑の木陰カルガモ

昨日(8/7)はヒグラシがよく鳴いていました。
あの声を聴くと
しみじみと日本の夏を感じます。
でも実際は6月頃から鳴いていて、
日本以外の国(東南アジア)にも生息してるんですね。
おまけに俳句の世界では秋の季語なんだとか^^


さて
先日の出逢いからです♪

地元ではだいぶ前に孵りましたが
標高の高い避暑地では今頃になってもその愛らしい姿を確認することができます^^
特に印象に残ってる2箇所をご紹介。
(今年は7箇所のポイントで偶然見られました^^)



先日UPしたカワガラスと同じポイントに居たカルガモファミリーです♪緑美しい涼しい木陰から。このヨチヨチ感がたまりません^^
a0323488_21471512.jpg


この子達にとっては苔むした岩場も 結構な難所なんでしょうね。親鳥に遅れまいと、ちっちゃな身体で懸命に登ります。
a0323488_21473284.jpg


激しい流れにも負けません^^ FI走行と一緒で親鳥の真後ろを泳げば多少は空気抵抗とか弱まるのでしょうかね??
a0323488_21475050.jpg


そしてこちら(④⑤)は平地で撮影。
この子は特に今年印象に残りました。



こんなにまだ小さいのに、親や兄弟は近くに居なく、たった1羽で大きな川に漂っていました。
a0323488_21484911.jpg

おそらく他の兄弟は天敵にやられてしまったのでしょうね。。。
それにしても親鳥はどうしたんでしょう。。。
この子が対岸へ向かって泳ぎ始めたのでその様子を見守っていたら・・・


かなり遠くのテトラポットの上で羽繕いしてる成鳥の元へ辿り着きました。見上げた仕草がなんともせつない。
a0323488_21490607.jpg


この後もこの雛ちゃんは自力ではまだ登ることのできないテトラポットの周りを暫くグルグルと泳いでいました。
でも上に居る成鳥は全く意に介せず・・・・
最初この子は親鳥の元に行ったんだと思ったのですが、どうも様子がオカシイ。
たぶん親鳥ではないんでしょうね。
まだあんなにちいさいのに、これからたったひとりで無事に生きていけるのか・・・
物凄くやるせなかったです。


ちょっとしんみりしてしまったので
ラストは先日のカワガラスのお茶目なシーンを^^
と言っても目を瞑ってるだけなんですけれどね(笑



瞼が白いのが特徴です♪ カワガラス^^
a0323488_21505120.jpg
瞑想するキミも可愛いYO!^^






あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄OPEN♪
コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで



[PR]
# by MISCHEH | 2018-08-08 07:00 | 鳥(か行)

鳥撮りの原点ミソサザイ

気持ちのよい夜明けでした。

夜中に急に思い立ち、高速に飛び乗って
現地に着いたときはまだ辺りも真っ暗。
山頂付近の駐車場で仮眠を取っていたら
4時頃にはもぅ小鳥たちのさえずり。




さぁ~!私も活動開始です♪
a0323488_15294200.jpg

早朝のひんやり涼しいブナ林を歩き進めていくと、1年ぶりに聴くあの美しい歌声が響いてきました^^
a0323488_15311291.jpg

ミソサザイです♪ 私が鳥撮りを始めるきっかけとなった子です^^
a0323488_15313279.jpg

あの頃はちっちゃなコンデジで必死になってその歌声の主を探しましたっけ(笑
a0323488_15320362.jpg

当時はミソサザイなんて名前も勿論知りませんでした。
a0323488_15323775.jpg

澄んだ歌声が本当に美しくて、1度聴いたら忘れられません。尾羽ピンッ!もカワイイですネ^^
a0323488_15333196.jpg
薄暗いポイントに居ることが多くて
ss やらISOをある程度決めて撮るのですが
いきなり明るい場所に飛び立つこともあってそのたびに設定し直し。
翻弄されます。
でもこの子に出逢うと嬉しくて・・楽しくて・・♪
時間の経過を忘れてしまうのですよね。
私に鳥撮りの面白さを教えてくれた子だから。。。
いつかちゃんと「これこそがミソサザイです」
って言える写真が撮れるようになりたいです(笑


昨年のミソッチの記事に、その歌声を貼ってます。
ご興味のある方はこちらをどうぞ^^


毎年同じこと言ってる気がする。。。-y( ̄Д ̄)。oO○




あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで




[PR]
# by MISCHEH | 2018-08-04 07:00 | 鳥(ま行)

渓流の狩人カワガラス(幼鳥)

猛暑日が続いていますので
このあたりで少し涼しげな写真を^^



渓流でくつろいでる様子のカワガラスに出逢いました。 エンゼルポーズも披露してくれて♪
(喉元やおなかに白い斑点があるので、この子は幼鳥です)
a0323488_01125163.jpg


のんびり羽繕いしていたら、その背後に1匹のトンボがやってきて。。。
a0323488_01154439.jpg


次の瞬間にはもぅしっかりと捕らえてました。 はやっ!!@@;
a0323488_01161655.jpg

カワガラス(河烏・川鴉)というだけあって、泳ぎも得意^^
a0323488_01170638.jpg


川底に顔を何度も突っ込んでは、水中生物を次々捕らえてましたね~。ところでこれはナンダロウ??
a0323488_01174184.jpg

標高1,400m。渓流なので水も綺麗。
a0323488_01163394.jpg
さわさわと流れる水音と小鳥たちの声。
涼しい木陰での撮影はhealingにもなります。
プチ遠征先の出逢い、少しづつご紹介したいと思います。




あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで




[PR]
# by MISCHEH | 2018-08-02 07:00 | 鳥(か行)

もふもふ④子別れの儀式チョウゲンボウ

今日で7月も終わりですが
今月は鳥撮りに訪れたポイントや
仕事に向かう車中から
小さな猛禽さんが颯爽と飛んでいくのをよく見かけました。
色の黒っぽいチョウゲンボウです。
今年巣立った若様ですね^^
ほんの少し前までは、親鳥にピィピィ鳴いて甘えてたであろう子が
勇ましく飛び去っていくのを見送っていると
胸にこみ上げてくるものがあります。

と、いうことで、載せそびれてたチョウゲンボウの幼鳥ちゃんです(笑
撮影日はかなり前です。
(掲載枚数多目です。ごめんなさい)



この子はどうやら一番子のようです。チョウゲンボウとはわかるけれど、どことなくあどけなさがあって可愛いです^^
a0323488_22302295.jpg


同じ巣では兄弟雛ちゃんたちが、他に3羽いました。
a0323488_22304449.jpg


巣の傍では親鳥がひっきりなしに餌運び。雛たちも大きくなって食欲も旺盛なのでしょうね。この時はスズメの子(?)が獲物のようでした。
a0323488_22310198.jpg


ある時、①の一番子ちゃんが巣に戻ろうとしました。すると中から親鳥がすかさず出てきて威嚇。(上・親鳥:下・一番子)
a0323488_22312127.jpg

かなり激しく追い払います。一番子ちゃんも親鳥の迫力に押されてすぐに逃げていきました。(左・親鳥:右下・一番子)
a0323488_22313403.jpg

逃げた先が実は①に載せた写真です。
ちょっとションボリしてるところです。
そうこうしてるうちに今度はネズミを捕まえて親鳥が戻ってきました。




餌捕りがまだうまくいかずにお腹が空いていたであろう一番子ちゃんが
親鳥のとまったところへ慌てて飛んでいきました。(左・一番子:右・親鳥)
a0323488_22320920.jpg


親鳥が向きを変えて一番子ちゃんに獲物を見せています。必死におねだりしてます。が・・・・
a0323488_22322574.jpg

このあと親鳥はこの子に餌を渡さず巣に持ち帰りました。
(巣にはまだ巣立ち直前の兄弟たちが待っていますから・・・)

巣立ったキミはもぅ自力で捕りなさい。生きていきなさい。
って、ことなんでしょうね・・・。
必死にピィピィ鳴いてる一番子ちゃんを観ていたら
なんだか切なくなってしまいましたが・・・。
これも親の愛なんだろうな。
シャッター押す指にも力が入っちゃいました。


と、いうことで
私がこのとき撮影してた子と
7月に何度も見かけたチョウゲンボウの若様は同じ個体とは限りませんが
似たような試練を乗り越えてきたんだろうな、
って思うと、やっぱり胸が熱くなっちゃうんですよね。

ちなみに。。。
今年撮影した巣のあった橋桁。
老朽のため取り壊しが決まってるとお聞きしました。
ここでの撮影も今年が最後。
新しい橋がどんな構造、デザインになるのかわからないのですが
チョウゲンボウたちにとっても子育てしやすいものであってほしい。。。
と、強く願わずにはいられませんでした。

あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで



[PR]
# by MISCHEH | 2018-07-31 22:35 | 鳥(た行)

お花見鳥 ⑪ホザキシモツケ& ノビタキ

暑中お見舞い 申し上げます。


今年の夏は冗談抜きで危険レベルの暑さですね~!
先日も県内で41℃を越えたとか。。。

そんなわけで7月は高いお山や高原へプチ遠征が続いてます。
ニッコウキスゲやヒマワリとの絡みの野鳥さん。
つい先日も別のポイントへ行ったら
現地で偶々お知り合いのCMさん数人にお逢いしまして^^

「(ご一緒させて頂いたその日撮った写真)早くブログアップして~。来年じゃダメだよ~^^」
と、仰られてしまいましたので、そちらを先にUP。( 艸`*)ニャハハ



ホザキシモツケとノビタキです ♪この子は幼鳥ちゃん^^ 今年巣立った子ですね。
a0323488_21041570.jpg

近くに親鳥らしき成鳥のオス。メスもすぐ傍にいました。
a0323488_21063834.jpg
a0323488_21071782.jpg

ホザキシモツケはもうだいぶ終わりかけていて一面ピンクとはいきませんでしたが
来年用のロケハンと思い行って来ました。
曇りの予報でしたが当日は┣¨P~カン。
カゲロウも酷くて大苦戦。
来年リベンジです(笑



幼鳥ちゃんも餌捕り頑張ってます^^
a0323488_21073026.jpg

こちらは親鳥。トンボやハチも多く飛び交っていて、子育てもしやすい環境なのでしょうね。
a0323488_21074488.jpg
現地でお世話になりましたHさん、Iさん、Sさん
ありがとうございました^^


あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄OPEN
コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで




[PR]
# by MISCHEH | 2018-07-26 21:16 | 鳥(な行)