もふもふ④子別れの儀式チョウゲンボウ

今日で7月も終わりですが
今月は鳥撮りに訪れたポイントや
仕事に向かう車中から
小さな猛禽さんが颯爽と飛んでいくのをよく見かけました。
色の黒っぽいチョウゲンボウです。
今年巣立った若様ですね^^
ほんの少し前までは、親鳥にピィピィ鳴いて甘えてたであろう子が
勇ましく飛び去っていくのを見送っていると
胸にこみ上げてくるものがあります。

と、いうことで、載せそびれてたチョウゲンボウの幼鳥ちゃんです(笑
撮影日はかなり前です。
(掲載枚数多目です。ごめんなさい)



この子はどうやら一番子のようです。チョウゲンボウとはわかるけれど、どことなくあどけなさがあって可愛いです^^
a0323488_22302295.jpg


同じ巣では兄弟雛ちゃんたちが、他に3羽いました。
a0323488_22304449.jpg


巣の傍では親鳥がひっきりなしに餌運び。雛たちも大きくなって食欲も旺盛なのでしょうね。この時はスズメの子(?)が獲物のようでした。
a0323488_22310198.jpg


ある時、①の一番子ちゃんが巣に戻ろうとしました。すると中から親鳥がすかさず出てきて威嚇。(上・親鳥:下・一番子)
a0323488_22312127.jpg

かなり激しく追い払います。一番子ちゃんも親鳥の迫力に押されてすぐに逃げていきました。(左・親鳥:右下・一番子)
a0323488_22313403.jpg

逃げた先が実は①に載せた写真です。
ちょっとションボリしてるところです。
そうこうしてるうちに今度はネズミを捕まえて親鳥が戻ってきました。




餌捕りがまだうまくいかずにお腹が空いていたであろう一番子ちゃんが
親鳥のとまったところへ慌てて飛んでいきました。(左・一番子:右・親鳥)
a0323488_22320920.jpg


親鳥が向きを変えて一番子ちゃんに獲物を見せています。必死におねだりしてます。が・・・・
a0323488_22322574.jpg

このあと親鳥はこの子に餌を渡さず巣に持ち帰りました。
(巣にはまだ巣立ち直前の兄弟たちが待っていますから・・・)

巣立ったキミはもぅ自力で捕りなさい。生きていきなさい。
って、ことなんでしょうね・・・。
必死にピィピィ鳴いてる一番子ちゃんを観ていたら
なんだか切なくなってしまいましたが・・・。
これも親の愛なんだろうな。
シャッター押す指にも力が入っちゃいました。


と、いうことで
私がこのとき撮影してた子と
7月に何度も見かけたチョウゲンボウの若様は同じ個体とは限りませんが
似たような試練を乗り越えてきたんだろうな、
って思うと、やっぱり胸が熱くなっちゃうんですよね。

ちなみに。。。
今年撮影した巣のあった橋桁。
老朽のため取り壊しが決まってるとお聞きしました。
ここでの撮影も今年が最後。
新しい橋がどんな構造、デザインになるのかわからないのですが
チョウゲンボウたちにとっても子育てしやすいものであってほしい。。。
と、強く願わずにはいられませんでした。

あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで



[PR]
by MISCHEH | 2018-07-31 22:35 | 鳥(た行)
<< 渓流の狩人カワガラス(幼鳥) お花見鳥 ⑪ホザキシモツケ& ... >>