カテゴリ:鳥(か行)( 70 )

もふもふ⑤緑の木陰カルガモ

昨日(8/7)はヒグラシがよく鳴いていました。
あの声を聴くと
しみじみと日本の夏を感じます。
でも実際は6月頃から鳴いていて、
日本以外の国(東南アジア)にも生息してるんですね。
おまけに俳句の世界では秋の季語なんだとか^^


さて
先日の出逢いからです♪

地元ではだいぶ前に孵りましたが
標高の高い避暑地では今頃になってもその愛らしい姿を確認することができます^^
特に印象に残ってる2箇所をご紹介。
(今年は7箇所のポイントで偶然見られました^^)



先日UPしたカワガラスと同じポイントに居たカルガモファミリーです♪緑美しい涼しい木陰から。このヨチヨチ感がたまりません^^
a0323488_21471512.jpg


この子達にとっては苔むした岩場も 結構な難所なんでしょうね。親鳥に遅れまいと、ちっちゃな身体で懸命に登ります。
a0323488_21473284.jpg


激しい流れにも負けません^^ FI走行と一緒で親鳥の真後ろを泳げば多少は空気抵抗とか弱まるのでしょうかね??
a0323488_21475050.jpg


そしてこちら(④⑤)は平地で撮影。
この子は特に今年印象に残りました。



こんなにまだ小さいのに、親や兄弟は近くに居なく、たった1羽で大きな川に漂っていました。
a0323488_21484911.jpg

おそらく他の兄弟は天敵にやられてしまったのでしょうね。。。
それにしても親鳥はどうしたんでしょう。。。
この子が対岸へ向かって泳ぎ始めたのでその様子を見守っていたら・・・


かなり遠くのテトラポットの上で羽繕いしてる成鳥の元へ辿り着きました。見上げた仕草がなんともせつない。
a0323488_21490607.jpg


この後もこの雛ちゃんは自力ではまだ登ることのできないテトラポットの周りを暫くグルグルと泳いでいました。
でも上に居る成鳥は全く意に介せず・・・・
最初この子は親鳥の元に行ったんだと思ったのですが、どうも様子がオカシイ。
たぶん親鳥ではないんでしょうね。
まだあんなにちいさいのに、これからたったひとりで無事に生きていけるのか・・・
物凄くやるせなかったです。


ちょっとしんみりしてしまったので
ラストは先日のカワガラスのお茶目なシーンを^^
と言っても目を瞑ってるだけなんですけれどね(笑



瞼が白いのが特徴です♪ カワガラス^^
a0323488_21505120.jpg
瞑想するキミも可愛いYO!^^






あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄OPEN♪
コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで



[PR]
by MISCHEH | 2018-08-08 07:00 | 鳥(か行)

渓流の狩人カワガラス(幼鳥)

猛暑日が続いていますので
このあたりで少し涼しげな写真を^^



渓流でくつろいでる様子のカワガラスに出逢いました。 エンゼルポーズも披露してくれて♪
(喉元やおなかに白い斑点があるので、この子は幼鳥です)
a0323488_01125163.jpg


のんびり羽繕いしていたら、その背後に1匹のトンボがやってきて。。。
a0323488_01154439.jpg


次の瞬間にはもぅしっかりと捕らえてました。 はやっ!!@@;
a0323488_01161655.jpg

カワガラス(河烏・川鴉)というだけあって、泳ぎも得意^^
a0323488_01170638.jpg


川底に顔を何度も突っ込んでは、水中生物を次々捕らえてましたね~。ところでこれはナンダロウ??
a0323488_01174184.jpg

標高1,400m。渓流なので水も綺麗。
a0323488_01163394.jpg
さわさわと流れる水音と小鳥たちの声。
涼しい木陰での撮影はhealingにもなります。
プチ遠征先の出逢い、少しづつご紹介したいと思います。




あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで




[PR]
by MISCHEH | 2018-08-02 07:00 | 鳥(か行)

逢いたかった海のスターコオリガモ

日中は
「春」と言うより「夏」のような陽気。
冬鳥さんも最近ではツグミさんくらいしか見かけなくなって
どんどん夏鳥さんが渡ってきてますね~。

と、言うことで載せそびれていた海鳥さんシリーズのラストです。
いったいいつの写真なんだと怒られそう(笑



あの日一番逢いたかったのはこの子でした^^
a0323488_21365841.jpg


コオリガモちゃんでした♪
a0323488_21375277.jpg


いつか北海道へ行ってその姿を実際観てみたい!撮ってみたい!と思っていました。
a0323488_21401094.jpg


まさか近場で逢えるなんて♪(でも被写体までは遠かった 笑
a0323488_21391127.jpg


昨年も同じポイントに来てたそうですが、一緒に行動してる仲間はコオリガモではなくスズガモたちでした。途中ちょっとイザコザが。
a0323488_00160945.jpg

それにしてもデザインといい色といい本当に綺麗な羽。
a0323488_00180753.jpg


a0323488_21415101.jpg
a0323488_01414723.jpg



コオリガモは通常
Wiki→北海道や東北地方北部の海上に渡来する。まれに東京湾付近まで飛来することもある。
BIRD FAN →主に青森以北の海上に飛来。
と、あるように
関東地方では殆ど見かけない野鳥(冬鳥)さんなんですよね。
美しいその姿などから海のスターと呼ばれるそうです。

私が撮影に行った日から数日はこの近辺に居たそうですが
それからほどなくして姿が見えなくなったとか。
スズガモの群れに着いて行ったのかもしれませんね。

北へはもぅ単独では帰れないのかな・・・
この子が独りで大空に舞い上がり渡って行く姿を想像していたら
なぜかこの曲が頭の中で流れ出して。。。
アフリカなんですけれどね(笑




あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで


[PR]
by MISCHEH | 2018-04-13 07:00 | 鳥(か行)

夕陽に飛び込むコミミズク

海鳥さんシリーズの途中ですが
間にこの子も載せさせてください♪




お久しぶりなコミミズク♪
a0323488_01075587.jpg



ブログタイトル通り、夕陽に飛び込むコミミズクです(笑
a0323488_01082570.jpg



鳥撮りさんの世界では邪道かもですが、こういうのも大好きなのです^^
a0323488_01092489.jpg



コミミが去った後、西空のキャンバスには
a0323488_01093874.jpg


別れを惜しむかのような飛行機雲が。
a0323488_01095386.jpg



私もこの後、家路を急ぎました^^


本日3本目の更新です。
ちょっとお仕事バタつき気味。
合間を見て時間が取れそうなときまとめて更新もあります。
ご容赦ください。

【個人的ご連絡】で、ごめんなさい。
3月12日にフィールドでお逢いしたN様
スマホの機種変してからSoftbank以外のメール送信うまくいかず
そちらに私が送った返信無事届いているかわかりません(汗)
ブログ閲覧&メールありがとうございました。
ツバメ親子フォト感想嬉しかったです。
またN様にお逢いできる日を楽しみにしております。


あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄OPEN
コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで


[PR]
by MISCHEH | 2018-03-15 07:02 | 鳥(か行)

カワセミが逢いにきた

「ティティティティティーーーーーーーーーーーッ!」

小さな川の岸辺で種子を啄ばむベニマシコを撮影していた時のことです。
聞きなれたあの鳴き声とともに姿を現してくれたのは。。。



カワセミくんでした^^ この子、下嘴が黒いので男の子ですね♪
a0323488_21125776.jpg


少し距離はあったのですが、せっかく向こうから逢いに来てくれたのでベニちゃんからカワちゃんへレンズを向けてみました。
a0323488_21131834.jpg


肩の辺りの黒さがちょっと気になります。若い個体だったのかもしれません。
a0323488_21144263.jpg


せっかく撮り始めたのですが数秒でまた飛び出していってしまいました。
背景も綺麗とは言いがたい状況で
ほんの一瞬の出逢いでしたが
カワちゃん独り占め♪
この子との思いがけない時間を楽しませてもらいました^^

こんな出逢いもほっと心和む瞬間です♪


(本日2本目の更新です)


あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄・コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで





ほっとフォトコンテスト



[PR]
by MISCHEH | 2018-02-28 07:01 | 鳥(か行)

旅支度のコクマルガラス(パンダ&暗色型)

朝からイイ感じの風が吹いていて
今日は猛禽Dayだ♪
と思い、いつものフィールドへ。

すると・・
澄み切った青空に滝のように登る黒い影。
数千羽はいるかな?



わかりますか?この黒いつぶつぶ全部、ある野鳥さんなんです。
a0323488_19185259.jpg

雪山バックにさらに拡大。やっぱりミヤマガラスの群れです! ラッキー♪^^
a0323488_19192284.jpg

ミヤマがこれだけいるとなると、当然探すのはコクマルガラスちゃんですね~^^


はい、BINGO♪ 左から3番目の首の辺りが白い子がパンダガラスと呼ばれてるコクマルガラスです。
a0323488_19200735.jpg

よくよく見ると暗色型もいました。写真では2羽ですが、パンダちゃんだけでもこの群れに10羽以上。
a0323488_23462466.jpg


これだけの数が集まってきたということは、そろそろ旅支度なんでしょうか。
a0323488_19204912.jpg


毎年かわいらしい姿を見せてくれてありがとう^^
道中お気をつけてね。
また来年の再会を楽しみに♪




あなたの大切なお時間でのご訪問
ありがとうございます♪
イイネ欄・コメ欄CLOSEちゅっ┏(I:)ペコッ !
なにかありましたら→こちらまで


[PR]
by MISCHEH | 2018-02-12 07:00 | 鳥(か行)

手強い雪絡みコミミズク

数日前に降った雪は午後には霙に変わり
それほどの降雪にはなりませんでした。
いつもの河川敷もあれよあれよという間にしゅっと溶けてしまい・・
まるで砂糖菓子のよう。


殆ど地面が見えてしまってる状態。それでもなごり雪をバックに飛ぶコミミズク。
a0323488_15414022.jpg


頭に描いていたのは新雪にダイブして狩りをするコミミズクの画。
雪が散って舞い上がるようなシーンを夢見ていましたが
夢で終わりました(笑



空高く舞い上がると雪絡みにはならないし・・
a0323488_15454045.jpg

遠すぎても、どこにいるのかわからないほど(笑
※ヒント→右の樹の左側を飛んでます。
a0323488_15471402.jpg

コミミズク 「さて、ボクはどこにいるでしょうか?」
a0323488_15445540.jpg

コミミズク 「ど真ん中のここでーす」
a0323488_15483900.jpg
わかんないよ!(苦笑

もぅ~ね、
ちょっと双眼鏡から目を離すとどこにいるのかわからなくなるほど。
まぁ、そんなこんなも楽しい鳥撮り時間です(←ホントか!笑




怒涛の更新が続いています
本日5本目の投稿でした。
ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!
(閲覧は気にしないでください。お時間ある方だけ観ていただければ・・)
残りはのんびりいきます。
(´・ω・`;) タラーッ


コメ欄CLOSEですが
イイネ欄こちらはOPEN致します。
いつもありがとうございます。



第2回プラチナブロガーコンテスト
動物・ペット部門に応募します♪


[PR]
by MISCHEH | 2018-02-05 15:55 | 鳥(か行)

秋色シリーズ⑤紅葉キンクロハジロ

紅葉絡みの野鳥さんシリーズ続いてます。
今回は水鳥さん♪



キンクロハジロが描く水面の紅葉。波紋や緩やかな波の色に魅せられます♪
(キンクロハジロの右側に、散ったもみじの葉が1枚浮かんでいます)
a0323488_20254192.jpg




この子との出逢いも1年ぶり。 って再会を喜んでたら睨まれた(笑
a0323488_20292813.jpg



イエロー、オレンジ、淡いピンクにライムカラー。のどかで色彩豊かな池のほとり。
a0323488_20301019.jpg



ここでゆっくり旅の疲れを癒してね^^ って、今度はスルーか!(笑
a0323488_20431321.jpg



水鳥さんたちが去った後に映る紅葉。
a0323488_20311861.jpg

静かに一人ボケツッコミを楽しんだ秋の1日でした^^



あなたの大切な時間でのご訪問ありがとうございました♪
イイネ欄・コメ欄closeちゅっm(   )m

なにかありましたこちらまで

[PR]
by MISCHEH | 2017-12-12 07:00 | 鳥(か行)

甘えん坊のコウノトリ

国の特別天然記念物であるコウノトリ。


6月のある日
繁殖や保護をしている飼育センターから
1羽のコウノトリが放鳥されました。




ヤマトくんです^^(このときはまだガラス越しの撮影)
a0323488_20115886.jpg



ヤマトくんは埼玉こども動物自然公園から卵を譲り受け、孵化したコウノトリです。
今年4月に生まれた子。

放鳥後すぐに、自然の中でのびのびとしてる姿が観たい、と連日通ったのですが・・・
ヤマトくんにとっては、いきなりの野生の世界。
やっぱり戸惑いもあったのでしょうか。
自由に大空を飛べるようになったのに
すぐにセンターの元居た場所(ヤマトくんが暮らしていた柵の中)へ
自ら舞い戻ってしまいます。
数週間、センターの方でもそんな様子を見守っていたのですが
やっぱりいつまでもそのままでいいというわけにもいきません。
ヤマトくんが戻ってこれないように
屋根の部分を閉めてしまいました。
(一緒に暮らしていた成鳥さんの羽根も伸びてきてしまい、いつまでも屋根を開けてるわけにもいきません)
それでも夜になると寂しいのか、暫くはセンターの柵の上で寝泊りしていたようです。
(コウノトリは外敵に襲われないように、夜は高い場所で休む習性があります)


徐々に
徐々に
本当に1歩1歩
外の世界にも慣れてきて。。。。



やっと野生の世界で暮らしているヤマトくんを観ることができました。
6月から何度も通って、これを写すことができたのが8月4日(笑
a0323488_19593093.jpg

後姿はどことなく寂しげにも見えなくもない・・でも、頑張って生き抜いていってほしい・・・。
a0323488_20010244.jpg



このときはカエルでも捕まえようとしてたのかな? 藁をくわえて^^ こんな姿も微笑ましい♪
a0323488_20075600.jpg
今まで飼育員さんが用意してくれた餌を食べてたんだもの。
これからはなんでも自力で解決しないといけないよね。
もぅ、、、
親になった気持ちで見つめちゃいます。。。
ドキドキハラハラ。


(右端に写ってるのは屋外に設置されたコウノトリ用の繁殖台です。)
a0323488_20142693.jpg
ヤマトくん
これから優しい仲間や伴侶に出会えるといいね。

8月にだいぶ外の世界に慣れてきた感じだったので
もぅ本当の意味での旅立ちも近いんだろうな~
って、勝手に安心して
その後、撮影に行ってなかったんです。

あれから随分月日も流れ
先日その後の様子(現在位置確認)を見てみたら・・・
ぇーーーーっ?!
まだ、ここにいるっ!^^
甘えん坊さんなのかな~。
まだまだ心の準備ができてないみたい。
ここから旅立つのがいやなのかな~。
よいのか
悪いのか
よくわかりません(笑


ちなみに
前回、同じセンターから放鳥されたひかるくん(昨年の3月生まれ)。
確か、9月くらいにはだいぶ遠方に行ってたような・・・?
やっぱり鳥さんによっても個体差あるんですね。
そのひかるくん
今年の5月、我が町の近くに飛来。
元気そうな姿を見せてくれました。(その時の記事は→こちら
しかも、ひかるくん
今は愛知県にいるんですって!
もぅ、びっくり!
つい先日まで栃木県にいたはずだったのに
もぅそんなに遠くまで行ったんだね。
なんだか、じぃ~~~んときちゃいました。


ヤマトくんにも
いつかそんな日が来るのかなぁ。。。





あなたの大切な時間でのご訪問ありがとうございました♪
イイネ欄・コメ欄closeちゅっm(   )m

なにかありましたこちらまで




[PR]
by MISCHEH | 2017-11-08 07:00 | 鳥(か行)

幸運の白いキジ

今頃のキジ、
いや、
記事になってしまいました(殴

もぅこれも随分前に撮ったものですが・・・
いっとき話題になってた白いキジです。


お知り合いさんのブログ記事で
幸運の白いキジというのを知り
(このキジに出会った人には幸運が訪れるという^^)
ポイントも近いこともあって出向きました。


実際の色はオフホワイト
と、言うか、アイボリーに近い?
通常のキジのメスとはかなり色が違います。




自然界でこの色はやっぱり目立ちますね。 でも立派に生き延びてきたんだね
a0323488_19484622.jpg



しかも、巣立ち雛ちゃんも一緒。 だいぶ大きくなってましたが、採食はまだ下手なようで・・・
a0323488_19511146.jpg

母鳥が捕った獲物を横取り。 何度も何度も何度も・・・
a0323488_19493106.jpg
でも、一度も母鳥は怒らなかった。
黙って子供に分け与えるのみ。
自分だっておなかすいてるだろうに、ね。
親って本当にすごいよね。


ところで・・
幸運の白いキジのご利益は。
確かにこの後うれしい出来事が続きましたが^^
運を使い果たすのはいやなので
ちいさな幸せでもいいからずっと続いてほしい。

なぁ~んて、ワガママ(笑


あなたの大切な時間でのご訪問ありがとうございました♪
イイネ欄・コメ欄closeちゅっm(   )m

なにかありましたこちらまで



[PR]
by MISCHEH | 2017-11-04 07:00 | 鳥(か行)